エアコン吹き出し口の黒いカビ【拭き取るだけは注意!】

エアコンをしばらく使っていると、吹き出し口周りにカビが点々と付きだしてきます。
このページでは、簡単な掃除方法をお伝えするとともに、
掃除が大変な人には、エアコンクリーニングをおすすめしています。

目次

吹き出し口とその周りの掃除方法

道具や洗剤を使うなどいろんな方法がありますが、できるだけ簡単で早い方法を紹介します。
この方法でカビが取れなければ、業者でのエアコンクリーニングがおすすめです。

準備
  • 雑巾(水で濡らして固く絞っておく。)(カビだらけになるので使い捨てがよいかと。)
  • アルコール除菌シート(100均とかのものでよいです。水拭きだけでもOKです。)
  • エアコンは必ず停止しておく。(コンセントプラグを外しておいた方が安全です。)
  • 踏み台、脚立など(安全にお気をつけください。)
エアコンの吹き出し口のカビを除菌シートで拭き取る
STEP
エアコンの運転停止を確認し電源プラグを外す。

念のため、外しておきましょう。

STEP
ルーバー(横長の羽)を開き、雑巾で大雑把にカビを拭き取る。

ルーバーをゆっくり開き、吹き出し口周辺のカビ、汚れを大雑把に拭き取ります。
*無理せず、見える範囲で掃除しましょう。奥までやりすぎると部品が破損したりします。

STEP
残った汚れ、カビを除菌シートなどで拭き取る。

残ったカビ、汚れや細かい部分を小さめのシートなどで拭き取ります。
*割り箸などを使ってもいいですが、部品の破損に注意が必要です。

STEP
電源プラグを差す。

大体の機種は、コンセントプラグを差すと勝手にルーバーが閉じます。
閉じない場合は、手で閉めます。

エアコンのカビ取りは大変!内部にはもっと汚れが。

吹き出し口奥側のファン(回転する部分)には、大量のカビ、ホコリが待ち受けています!
さらに、エアコン内部を自分で掃除するのは超、超大変です。
この部分を自分で掃除する方もいらっしゃいますが、絶対おすすめしません!
まず、カビ・ホコリが大量に舞い散ります。
それに、せっかく時間をかけて掃除しても、結局は中途半端になりがちです。
エアコン内部を綺麗にするなら、エアコンクリーニング業者さんに依頼するのがおすすめです。

エアコンのファン。カビだらけ
ファンに繁殖したカビ

エアコンクリーニングにはこんなメリットも

  • 自分で掃除するよりも圧倒的に早く、内部まで綺麗になります。
  • 体調管理、健康のために
    (カビ、ホコリはアレルギー症状の原因になる可能性があります。)
  • エアコンの効きがよくなる(改善する)
  • 電気代の節約
    (ホコリを取り除くことでエアコンへの負荷が減ります。)
  • 臭い、水漏れなどトラブルの予防
    (カビ、ホコリは嫌な症状の原因になります。)
  • エアコンクリーニングすると綺麗な空気で気持ちまでスッキリします。
目次